脳梗塞を早めに予防する|重い病にかかる前の対策

笑顔の女の人

ある病気になる前に

医者と看護師

脳梗塞は麻痺や言語障害などを引き起こし、沢山の人を死へとおいやってきた病気である。治療も可能であるが、回復には限度がある為、なる前に防いでしまおうという意識が大切である。予防の為には、水分補給や運動、薬での予防など、沢山の方法がある為、知っておく事が大切である。

More Detail

脳神経内科の脳疾患の治療

看護師

脳神経内科では、脳梗塞や脳内出血、頸動脈狭窄症などの脳神経疾患の治療を行っている。定期的に脳神経内科の病院を受診して脳の検査を受けることが、脳神経疾患の予防につながる。脳神経内科の病院は、認知症の治療も得意としている。

More Detail

病気にならない体質作り

血液

脳梗塞は生活習慣の悪化で発症リスクが高まるので、予防には食事を改善して適度な運動を心がけることです。インスタント食品は手軽に食べられますが、添加物や調味料を多く使っているので基本的には自宅で自炊して減塩を心がけ低カロリー、高タンパク質を心がけます。

More Detail

日常生活から意識する

頭を抱える女性

症状に気が付きにくい

脳梗塞は、知らない間にかかっていて、たまたま精密検査を受けて分かった人も多いのではないでしょうか。症状が出ないことが多く、気づきにくいからです。最近脳ドッグを受ける人が増え、こういった症状が出ていない隠れ脳梗塞が見つかる頻度が増えてきました。脳梗塞は一度かかると3年以内に再発する可能性がとても高く、再発後も症状が出ないとは限りません。症状としては手足を思うように動かしにくくなり、よく物を落としたり、足がもつれたり、ろれつが回りにくくうまくしゃべれなくなったりします。朝に発病することが多く、季節は汗をかきやすい夏に多いです。脳梗塞にかかるのを日常生活から予防するにはどのような方法があるのでしょうか。

健康維持は食事からする

脳梗塞の予防法として、一つは普段の食事を見直す事です。お肉ばかり食べている人はその生活を改めましょう。魚を食べることが一番の予防法だと言われています。魚に含まれるEPAにはさまざまな働きがあります。コレステロールや中性脂肪を減らしたり、血液が凝固するのを防いだりすることが、動脈硬化や血栓を予防するのに効果があり、脳梗塞の予防にも有効である事が分かっています。また魚に含まれるDHAにもEHA以上に同じような働きがあり、他にも情報伝達能力などの脳の作用を改善したりするのでボケ防止にも有効です。実際に、魚をたくさん食べる人は脳梗塞にかかりにくいそうです。DHAは青背の魚に多く含まれており、サンマやマグロ、ブリやイワシ等が該当します。